借金を相続したとき

遺産の中に借金があったときは、注意する必要があります。

土地や建物の財産にくらべて、明らかに借金の額が少なく、財産と共に借金を相続しても支払っていけそうなときは、
何の問題もありません。

ところが、次のような場合はどうでしょうか?

1.財産に比べて、明らかに借金の額の方が多い。

2.財産の額と、借金の額の、どちらが多いかすぐにはわからない。

3.財産に比べて借金の額が少ない。財産は相続したいが、借金を支払っていけるのか、不安がある。

このようなときは、ぜひ、お早めにご相談ください。

あと、この場合は、相続の開始後に、亡くなられた方の名義の預金からお金を引き出すような、
遺産に手をつけるようなことは、してはいけません。
遺産は、亡くなったときのままの状態で、ご相談にいらしてください。


当事務所では、遺言・相続・後見の相談は無料です。
まずは、お気軽にお電話ください。

TEL 0436−42−2755

 

  なお、当事務所のサイト「遺言 相続 後見 萩原徹也司法書士事務所」も、
  ぜひ、ご覧ください。