所有権保存登記の司法書士報酬

課税価格1000万円の新築建物の所有権保存登記手続の代理業務を受任し、
住宅用家屋証明書の取得及び登記申請の代理をした場合の司法書士報酬

2万1600円(税込)
※ 2018.5.25改訂 お安くなりました。

建物を新築した場合には、建物表題登記をしたうえで、所有権保存登記をします。
建物表題登記は土地家屋調査士の業務です。

報酬の他に、登録免許税(登記を申請する際に納める税金)や、住宅用家屋証明書の手数料、
登記完了後の登記事項証明書の取得費用などの費用がかかります。

詳細については、あらかじめ、司法書士に確認してください。