Pさん(50代:男性)のケース:任意整理・過払い金返還請求

Pさんは、沈痛な面持ちで、当事務所にお見えになりました。

 

「借金が全部で300万円以上もあるのです。毎月の返済額が13万円ですよ。給料の半分以上が返済に消えてしまいます。もう自転車操業状態ですよ」

 

任意整理や過払い金返還請求の仕組みを説明して、借金の総額と毎月の返済額が減ることを確認したPさんは、任意整理を当事務所に依頼しました。

 

「相談を聞いてもらって、気持ちが楽になったよ。よろしくお願いしますね」

 

早速、各金融業者に受任通知を発送。請求をストップさせました。

 

しばらくして、各業者から取引明細の送付があり、利息制限法の金利で引き直し計算をしました。

すると、金融業者6社のうち、1社は借金の額がゼロになり、さらに過払い金があることが分かりました。

 

すぐに、返還請求を行い、過払い金を回収。残りの5社も、大幅に借金の額が減額できたので、戻ってきた過払い金で、すべて完済。さらに余りが出て、Pさんの手元にもお金をお返しすることができました。

 

「ほんとうに借金がなくなったんですか? 今まで悩んでいたのがウソみたい。ありがとうございました」と、笑顔のPさんでした。