訴状(本人名義)作成の司法書士報酬

相手方に金銭の請求をする場合、裁判所に訴えを提起する方法があります。
金銭請求の場合、裁判所の管轄は、通常、原告の住所地となります。
原告が、市原市・千葉市・習志野市・八千代市にお住まいの場合は、
千葉簡裁または千葉地裁に申立が可能です。

訴状(本人名義)の作成を受任した場合の司法書士報酬

3万2400円(税込)
※ 別途、裁判所に納める印紙代や切手代、送料などの費用がかかります。
※ 続行期日に必要な準備書面や証拠申出書などの報酬及び費用は別途かかります。
※ 請求額により裁判所に納める印紙代は異なります。
※ 請求額により、報酬を増額または減額させていただく場合があります。

事案によって報酬は異なります。

請求額が50万円の場合、報酬及び費用の総額の目安は、約4万4000円です。

詳細については、あらかじめ、司法書士に確認してください。